新宿マッサージ
格安マッサージはセラピストの方の技術力の差がとても大きいです。
これは格安を実現させるためには仕方のない事ですし、技術が低いからと言ってセラピストの方を責めてしまうのも、自分にとっても相手にとっても良くありません。
なので、上手いセラピストさんを指名する事が、お互いにストレスなく済む方法でしょう。
しかも、指名料と言うのはセラピストさんにとってもメリットなので、お気に入りのセラピストさんの為にも積極的に指名していきましょう。

指名する為には

名前を知ろう

お店によっては、施術後名刺を貰える事もありますので、そういった時は必ず貰うようにしましょう。
名刺や自己紹介がない時は、直接セラピストに聞きたいところですが、それはやらない方が良いかもしれません。
というのも、名前を聞いてしまうと、聞いてしまった手前その人を指名しないといけないような気持になってしまいますし、セラピストの人も表に出さなくても指名してもらえると思うでしょう。
家に帰った後、冷静に考えてまだ他の人の施術を受けたいと思っても、次回名前を聞いた人を指名しないで行くのも気が引けますよね。
なので、直接聞くのではなくなるべくさりげなく知れるように意識しましょう。
名刺をもらえなくても、レシートに名前が書いてある場合もありますので、(多くの格安マッサージは受付やお支払いまで担当したセラピストの方が全て受け持つ場合がほとんど)
レシートをチェックしてみるのも良いでしょう。

予約をする時に伝える

終わったその場で指名するのも悪くありませんが、やはり一度家に帰って冷静に考えてから誰を指名するか決めましょう。
そういう時は予約する時に名前を伝えれば大丈夫です。

指名したいと思えるセラピストさんは複数いると良い

というのも、セラピストさんの休みとかぶった場合や、もしくは辞めてしまった場合の事を考えると、お店に複数人お気に入りのセラピストを見つけておいた方が良いです。
また、指名する時も「ナントカさんがいればお願いしたいです」くらいの軽い気持ちで指名しましょう。
あまりにも特定のセラピストさんにばかり固執してしまうと、お店としてはそんなお客さんに対してあまり良い印象は持てません。
お店あってのセラピストさんなので、お気に入りのセラピストさんに感謝しつつも、他のスタッフの方への配慮も忘れないようにしましょう。

複数のお気に入りを持つ事に抵抗がある人もいるかもしれませんが、セラピストの人はあまり気にしないんだそうです。(新人さんの中には気にする人もいますが・・・)
自分が必要な時になれば指名してもらえるというスタンスらしいので、気にせず複数のセラピストさんを指名しましょう。